100について

FullSizeRender (19)

100という数字にはなんだか不思議な魔力のようなものを感じる。

ウルトラマラソンランナーにとって、100キロ完走というのはまず初めのハードルだし、多くのトレイルランナーは100マイルレースは憧れの一つだ。

視点を変えると、例えば、10万円を貰って一晩で使い切れ!と言われたら、普通に使うことが出来るし、逆に1000万円と言われると、「いやいや、そんな大金何に使っていいのか分かりませんよー。」となる。では、100万円ではどうだろうか?これは少し考え込んでしまう。確かに大金ではあるけれど、あれやあれを買って、あんな店に行って、あの高級ホテルに泊まってなんて、多少は方向性が見えてこなくもない(もちろん現実的にそんな大豪遊はしたことないし、今後もないだろうけど)。

また、ベストヒット100だったり、クイズ100人に聞きました(ちょっと古いかな)とか、全国に100円均一ショップがあったり、多くのテストは100点が満点だったり、そして日本百名山など。とにかく僕たちの生活には100という数字がよく登場してくる。

100というのは、単位はどうあれ何か親近感とでもいうべきものと、憧れともいうべきものが同居する不思議な数字だ。

仏教の世界には、「三衣一鉢」とか、「十三物」、「十六物」といった言葉がある。これらは、簡単に言えば、僧侶が個人で所有することを許される物の数だ。

もちろん、僕たちは、4個や13個や16個の物だけで生活することは不可能だ(例外はあるかもしれないけれど)。当然、100個の物だけでも難しいだろう。誰もが今いる部屋の中を見回してみただけでも100個以上の物が溢れているに違いない。

しかし、それをアイテム別に実践してみることは意外と可能かもしれない。例えば洋服は100アイテム以下にする。本は100冊以下。レコードもしかり。家族の数で状況は変わってくるだろうけども、調理器具や食器だけで100アイテム以下。そして、ハイキングなどのアウトドア道具を100アイテム以下にする。

お金の話に戻るわけではないけれど、僕たちにとって10個というのはなかなか寂しさの残る数である。僧侶の持ち物より少ない数なのだから。一方、1000個と言われるとかなりの余裕を感じてしまう。言い換えれば、もはやそれは自分が把握できる数ではなくなってしまっているという事だ。

もちろん、これは物だけに限定される話ではない。今年体験してみたい100の事とか、死ぬまでに訪れたい場所100か所とか、フルマラソン完走100回とか。

そんな目標設定にも絶妙な数字が100という数字だ。そう簡単には達成できないけれど、頑張ればやれないこともないと思わせてくれる魔法の数字。

そんな100という、親近感と憧れの同居する数字にこだわって物事を考え、生活してみることはとても楽しい行為かもしれない。もっともその100にこだわりすぎてしまうと本末転倒という結果を招きかねないのでそこはほどほどにね。

広告
100について

本と本棚について

FullSizeRender (19)

工房を自宅に移したことをきっかけに、部屋の改装や物の整理をゆっくりと並行して進めている。簡単に言えば断捨離ってやつだけれども、僕は単純に物を減らせばいいとは思っていない。やはり、そこにはテーマなり、ストーリーなり何かしらの意味づけが必要だ。

数あるモノの中で、特にその扱いが厄介なのが本だ。読書は好きだけれども、本というのは基本的に1度読んでしまうとそれで終わりである。2回3回と繰り返し読む本は確かに存在するけれど、やはりその数は限られてくる。当然、理論的には断捨離候補の筆頭に上がってくる。だが、本当にそれでいいのか?

本というものは、大げさに言えば人生そのものだ。本と出会い、感銘を受け自分の人生を見直し、また変わった自分が新しい本への出会いを欲する。本とは師であり友でありモチベーションの源泉である。と僕は思う。

そこで僕は考えた。もちろん、全ての本を所有し続けることは不可能だし、ある意味、無意味である(こう言っては悪いが、世の中にはクソ本も確かに存在する)。それでも、自分が何かしらの影響を受けた本は仮にそれが二度と読まない本であっても手もとに留めておきたい。

僕は本の計測から始めた。ついでに、この際だから言ってしまうけれど、一般的に市販されている本棚の多くはクソである。自分で作るしかない。本の縦と横の長さを測り、そのライブラリーに最も適した本棚の図面を描いた。その過程で材料となる材木を見に近所のホームセンターにも何度となく通った。限られた材料、限られた予算の中で文庫本からハードカバーまできれいに収まる本棚を考えるのは本当に困難であり同時に楽しい作業であった。高さ120cm、巾64cm、4段。おかげで、かなり納得のいくものが出来たと思う。あと2個は作らないといけないけれど。。。

改めてその本棚に本を並べてみると新たな発見があった。本というものは自分史における栞のようなものである。また、同時に自らを構成するパーツのようでもある。

僕はそれに気づいてウイスキーを飲みながら(やはり本にはビールよりウイスキーが似合う)、「本並べごっこ」を一人で3時間ほど行ってしまった。

読んだ順番に並べれば、それは自分の歴史、年表になる。作家ごとに並べれば好みの(大げさに言えば好きな女性像まで)形が見えてくる。物理的なサイズで並べてみるのも面白い。バラバラな作家とジャンルから新しい思考の道が見えてくる。土井善晴、村上春樹、レヴィストロース、加藤則芳、ヘンリーDソロー、ジャックケルアック、落合陽一が並ぶことに何ら違和感を感じない。と思ったけれど、やはり偏りも見えてくる。しかし、それは数学的に考えれば、嫌いなものを顕在化することと同義である。そんなことに気付くのも結城浩氏の「数学ガール」が隅の方にあったからであり、自分が気持ちのいい形に本を並べたからに他ならない。

改めて思う。デジタル化した活字はもちろん軽いし保存も楽だし便利であることも否定しないけれど、やはりフィジカルに存在するもの(そもそも僕らの肉体がそれだ)の価値というものをないがしろにしてはいけない。それを再確認するためにも本というものは素晴らしいアイテムだ。そんなことを再確認した。ぜひ本を大事にしてもらいたい。そしてその本を並べる本棚も今一度考えてもらいたい。そんな気持ちでこの文をしたためた。

改めて言うが、この世で一般に市販されている本棚のほとんどはクソである。

本と本棚について

BIKE of Love

IMG_7141

遠く離れた場所(と言ったらいささかオーバーだけれども)に住む友人からバイクを頂いた。
僕の「バイクライフ」の始まりである。

自転車と言えば、初めて補助輪なしで乗れた時の感動を今でも鮮明に覚えている。こいつとならどこまでも進んでいける。それはとんでもない道具を手に入れたと感じた瞬間だった。そう、道具は使えこなせなければ道具として意味をなさない。

まだまだ遠出も出来ず、使いこなしているとまでは言えないけれど、改めてバイクにまたがり気付いたことがある。郵便局や銀行へ出かける際に、あえて遠回りをして向かってみる。それでも歩くよりは全然早い。歩くという行為は比較的(特にそれが事務的な用事であればあるほど)最短距離を進む傾向にある。また、車というのは身体的なスピード感を超越してしまっている。その隙間を埋める移動手段がバイクだ。

バイクには、歩きにはないある種の「時間的余裕」と車にはないある種の「スロー感」が同居している。今まで通ることも無かった道を進む。自宅からバイクで5分もかからない場所に、自宅ガレージを改装した日曜日のみ営業のコーヒースタンドがあったり、縄文時代の貝塚があったり、立派な古民家があったり、そして新緑に囲まれた森があったり。

歩く、走る、そして漕ぐ。それぞれのスピード感で今まで見えなかったものがさらに沢山見えてくることだろう。そんな期待を感じている。友人から届いた「愛の自転車」に跨りながら。

IMG_7138IMG_7139IMG_7143IMG_7144

BIKE of Love

g

FullSizeRender (15)FullSizeRender (13)

gと言えば、GREATのg!ではなくて、グラムのgです。

Great Cossy Mountain POP HIKER Wallet UL 11g
いわゆる5番と呼ばれるサイズのファスナーのスライダー3つ 12g

ウルトラライトハイキングでは、偏狂的とも言えるくらいグラムにこだわる人がいます。僕もその端くれにいます。上には上がいますが。

そんな人達を揶揄する方々も存在して、その言い方で一番酷いのが、「道具軽くする前に、その腹軽くすれば?」って言い方です。そういう事ではありません。

ウルトラライトハイキングにおいて、道具の軽さを追求するというのは一つの大事な方法論ではありますが、もっと大事なのが、「その道具の重さを把握する。」というところにあります。と僕は思っています。

ファスナーのスライダーが重いのか?この財布が特別軽いのか?

この問いは、あらゆる物、あらゆる場面、あらゆる比較に当てはまります。魅力的な物があふれる時代、僕たちはその物の本質的な評価において盲目的になりがちです。

そんな盲点を取り払う一つの尺度が、gであると、僕は思っています。

g

Re:born 1st Anniversary BLACK BRICK

blackbrick

4月7日(土)~8日(日)にかけて吉祥寺の「BLACK BRICK」にて開催される、『Re:born 1st Anniversary BLACK BRICK』に、Great Cossy Mountainも出展いたします。

イベント詳細については、BLACK BRICKホームページにてご確認ください。

出展商品に関しては、引き続きこのブログやfacebookページにて紹介していきます。ご期待ください。

Great Cossy Mountain以外にも、とても素敵なブランド、メーカーさんが沢山出展します。
桜はもう満開とは言えない時期ですが、井之頭公園散策や高尾・奥多摩ハイキングの帰り道など寄っていただければ幸いです。

Re:born 1st Anniversary BLACK BRICK

赤い財布

IMG_6884

僕は赤という色が好きだ。

一番好きな色は?と問われると、それは青なので、いささかややこしいけれど、それでも赤が好きだ。

一般的に赤は女の子、青は男の子という、何の根拠もない教育がなされてきたのは憂うべき事実である。カスタネットが赤と青で構成されているのは、女の子と男の子どちらにも対応できるようという理由らしい。

ところで、Gコ山は赤い財布を製作、販売している。財布という性質上、「赤は赤字の赤」という事で敬遠されがちという事を、実は最近知った。本当に最近。

僕は、普段から迷信めいたものは全く信じないたちなので、それを聞いて本当に合点がいった。

確かに、赤い財布は売れないのである。結局のところ売れては行くのだけれど、他のカラーと比べると本当にゆっくりと売れていく。

もちろん、個人的な心情や信仰に対してとやかくいうつもりは無い。でも、あえてそういった迷信を気にしてしまう人にこそ言いたい。

ハートって普通何色ですか?赤ですよね?

赤は、愛の色であり、情熱の色であり、革命の色です。

そう考えると、財布に入れるお金というものは、愛する人の為、情熱の為、そして、革命の為!と言ったらオーバーだけれども、現状の自分からブレイクスルーをして夢をかなえるため!という解釈も成り立ちます。そうであれば、赤い財布は最高のカラーとなるはずです。

こんなことを語っていると在庫にある赤い財布を買ってほしいなんて思われてしまうかもしれませんが(もちろん買っていただければ嬉しいですが)、そうではありません。本当に。

僕が言いたいのは、好きなものは好き!それでいいじゃない!それだけの事。赤が好きなら、財布でもバッグでも洋服でも赤で良いじゃない!という事です。もちろんこれは赤に限ったことではありません。

色と同じように、「Gコ山が好き!」と言ってもらえるように日々努力していきたい所存です。ただ、それが言いたかっただけなんですが、話が長くなってしまいました。。。

赤い財布

第2回「山の道具展」

title

昨年、第1回が開催され好評だった「山の道具展」が今年も開催されます!
昨年に引き続き、今回もGreat Cossy Mountainが出展いたします。
開催要項に関しては、稲村ケ崎・VIVAHDEのホームページをご覧ください。

今回は開催に先駆けて、Great Cossy Mountainの出品商品をご紹介します。

IMG_6825

City Girl Tote Bag
13,000円(税込14,040円)

丸みを帯びた形のシンプルなトートバッグです。
メインの素材となる生地は、アルパイン・マルチカムという名の冬季版迷彩色ですが、じーっと見ていると、なんとなく夏場のどんよりとした空模様のように見えてきませんか?僕はそんな風に感じました。
そこに浮かび上がる鹿のシルエット。
おなじみのGコ山ロゴの鹿ちゃんマークをミシン線画(個人的にそのように呼んでいます)で再現してみました。
内側は、裏地をしっかりと付けて、小物の収納に便利なポケットも配置しております。

「山の道具展」という基本コンセプトからは外れてしまう商品かもしれませんが、「街でも山を感じていたい!」と思う山好きシティーガールにピッタリのトートバッグだと思います。

 

IMG_6857

City Girl Pouch
4,000円(税込4,320円)

Gコ山の基本的なデザイン理念の一つに、「平面的でシンプルな形状の生地から立体を作り上げる。」というものがあります。
しかしながら、この商品はそのデザイン理念から外れたGコ山の新しい挑戦となる一品です。

ボトムに近づくにつれ丸みを帯びながらボリュームを広げていくデザインは、様々な物を収納することに役立つでしょう。
イメージとしては、ありそうでなかった「アウトドアテイスト溢れる化粧ポーチ」です。残念ながら独身であり、お付き合いしている女性もいないアラフィフオヤジとしては化粧品に対する知識が皆無なので100%想像で作ってしまったことは否めません。もしかしたら化粧ポーチとしては失格の烙印を押されてしまうかも。。。

それでも可愛らしさをもった形状のこのポーチは山でも街でもお洒落を忘れないシティガールの強い味方になってくれる小物入れだと信じています。また、日頃から彼女に山好きであることをあまり理解してもらえないマウンテンボーイにとって、その彼女へのプレゼントとして最適ではないでしょうか?誕生日でもなければホワイトデーもない、何の記念日でもない、ある一日のさりげないプレゼントに!

 

IMG_6888

MAD DOG After Run Bag ”LEIDEN”
7,500円(税込8,100円)

Gコ山ギアの中でもランナーの為のギアとして誕生した「MAD DOG Bottle Holder」。そのMAD DOGシリーズに待望の新しい仲間が加わります。
名付けて「After Run Bag」です。

電車などの公共交通機関を利用したトレイルランニングトリップ。
行きは良いのですが、帰りは困ります。泥で汚れたシューズ。汗臭いウェア。本来、荷物を運ぶことが目的のトレランパックすら汗でビチョビチョ。。。

そんな時に大活躍するのがこのAfter Run Bagです。
行きは、トレランパックの中に忍び込ませておき、一日中思う存分走って着替えた後は、シューズやトレランパックはもちろんのこと、汚れたウェアやウォーターボトルなど全てこのバッグに放り込んでしまいましょう。スッキリと荷物を一つにまとめ帰りの電車では、自分の気持ちが良いのはもちろん、他の乗客に迷惑をかけることもありません

もちろん、使い方はあなた次第。普段から持ち歩くバッグに忍び込ませておきエコバッグ的に使うもよし。ハイキングのパッキング時にスタッフバッグとして使うもよし。週末の1泊温泉旅行に使うもよし。ミニマリストであれば沖縄2泊3日の旅行も可能でしょう。

 

IMG_6878

POP HIKER Wallet “LEIDEN 湘南エディション”
3,500円(税込3,780円)

Gコ山定番商品である「POP HIKER Wallet」のLEIDENカラーバージョンです。
さらに今回は、通常版の素材である210デニールとUL版の素材である70デニールのX-PACを織り交ぜて制作しました。断言はできませんが、おそらくこのバージョンは山の道具展のみの限定販売となります(限定的な要素としてはかなり弱いですが。。。)。

ガウディ、ル・コルビュジェ、ミース・ファンデルローエ、丹下健三、磯崎新、安藤忠雄。そのような名前に憧れて大学に入学した僕(a.k.a.コッシー)ですが、本格的に建築学を勉強し始めてから知り、衝撃を受けた建築家が一人います。
オランダの建築家であり家具デザイナーでもある、「ヘリット・リートフェルト」です。彼の設計したシュレーダー邸とRed and blue chairは、物を作る者として今でもなお憧れであり目標です。

そのリートフェルトから「ピエト・モンドリアン」のことも知りました。赤、青、黄色を基本として、黒と白の(今風に言えば)差し色を入れるグリッド状のシンプルなアート。これほどまでにシンプルでありながら、見た者にとって一生忘れることの無いほどの強烈なインパクトを与えるアートを僕は他に知りません。そして、何よりも今僕が作っているギアに対するデザインの基本理念もそこにあります。「究極のシンプリシティからなる究極のインパクト」です。

リートフェルトやモンドリアンがかかわっていた「デ・ステイル」という名の芸術活動とそれを伝える機関紙。その発祥の地であるオランダの都市「ライデン」から、この特別カラーシリーズの名前を拝借しています。リートフェルトやモンドリアンにはまだまだ足元にも及びませんが、最大限のオマージュの意味を込めて。

 

IMG_6835

Great Cossy Mountain and Sawako Ninomiya -Collaboration T-Shirt-
9,000円(税込9,720円

昨年第1回が開催された「山の道具展」。そこで知りあい、その作品に僕が惚れ込んだ刺繍アーティストの二宮佐和子さんにお願いしコラボTシャツを製作しました。全て手仕事であるため数は少なく、今回は、女性用としてXSを2枚、男性用としてMサイズが2枚、計4枚となります。誕生のいきさつを考えれば、今回のGコ山商品の中でも、一番「山の道具展っぽい商品」と言えるかもしれません。

デザインは、シンプルに白いコットンTシャツの左胸にGコ山の代表的アイコンを一針一針丁寧に刺繍していただきました。百戦錬磨の刺繍アーティストである二宮さんと言えども、寸分の狂いもなく同じ刺繍を施すことは不可能です。同時に、それが手仕事であることの証でもあります。そして、その証として、Tシャツの左袖にはシリアルナンバーが刺繍で記されてあります。
今回初めての製品化ですので、当然のことながら、左袖には、1から4の数字が刻み込まれています。決してお求めやすい価格の物ではありませんが、ある意味(あくまである意味ではありますが)、世界で1枚のTシャツの価値をご理解いただきご購入いただければ幸いです。

今回出品の商品は、山の道具展限定商品というわけではありませんが、材料の在庫状況などから(特にカラーに関して)、次回の製作販売は未定となっています。実際にGコ山商品を手に取って見ていただく機会も少ないですし、ぜひこの機会に実物を見ていただいて、ご購入を検討いただければ幸いです。

最終日の25日は僕も終日在店する予定です。質問等もあればお応えしますのでぜひご来店ください。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

第2回「山の道具展」