硬い生地で巾着袋を作る際のヒント「ペグケース」を例に

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
ついに、一都三県を中心に緊急事態宣言が発令されてしまいました。
千葉に住む私も食料品と日用品の買い出し以外、ほぼ外出しない生活を送っております。
確かに息が詰まりますね。不要不急な唯一の外出は誰もいない時間帯などを見計らって近所の児童公園で深呼吸することです。最近日課になりました。

ということで、こんな時こそMYOGです!

前回とは趣を変えて、「何々を作る!」のとはちょっと違って、いろいろな場面で使えるテクニックの紹介です。

巾着型のスタッフバッグと言えば、アウトドアで最も重宝するギアの一つです。何個持ってても無駄じゃない!という事で、各メーカー、ブランドから多数の大きさ、素材の物が発売されています。

しかしながら、ちょっと大きいんだよなあとか、ちょっと短いんだよなぁなんて言うのは、例外なく皆さん思ったことがあるでしょう。

また、その多くは軽くて薄い素材で作られています。衣類や角の無い物なら問題ないですが、ペグなどの先の尖ったものにはなかなか使いづらいのも事実です。

では、硬い素材で作ればいいじゃんという事になりますが、これが結構曲者です。
硬い素材の巾着袋は、とにかく口がしっかり閉まらない!

000
こういうやつです。
僕はこういうものに殺意すら覚えてしまいます。。。

001
という事で、硬い素材で巾着袋を作る際のちょっとしたテクニックを、「ペグケース」を例に紹介します。

結論から言ってしまえばクロージャ-部分のラインスリーブのみ柔らかい素材で作るのです。

硬い素材
110mm×190mm
柔らかい素材
50mm×140

002
柔らかい素材の端を10mm巾で三つ折りにします。

003
写真のように縫います。反対側も同様に。

004
半分に折ります。

005
硬い素材にこのようにセットします。
硬い素材の両端が5mmほど残る形になります。

006
端から10mmの所を縫います。

007
内側に折り込みます。

008
折り込んで重なっている部分を2ヵ所縫います。

009
裏から見るとこんな感じ。

010
全体を二つ折りにします。

011
5mmの位置で縫います。

012
先ほどの縫い目を中心にして、写真のようにセットします。

013
底になる部分を5mmの位置で縫います。

014
全体を裏返します。

015
紐を通して出来上がり。

016
入れたい物にピッタリで、好きな素材でスタッフバッグが作れるってところがMYOGの最大の魅力です。

017
硬い素材もしわになることなくきっちりと口を閉じることが出来ます。

God is in the details. 神は細部に宿る。

Let’s MYOG!

硬い生地で巾着袋を作る際のヒント「ペグケース」を例に

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中