BIKE of Love

IMG_7141

遠く離れた場所(と言ったらいささかオーバーだけれども)に住む友人からバイクを頂いた。
僕の「バイクライフ」の始まりである。

自転車と言えば、初めて補助輪なしで乗れた時の感動を今でも鮮明に覚えている。こいつとならどこまでも進んでいける。それはとんでもない道具を手に入れたと感じた瞬間だった。そう、道具は使えこなせなければ道具として意味をなさない。

まだまだ遠出も出来ず、使いこなしているとまでは言えないけれど、改めてバイクにまたがり気付いたことがある。郵便局や銀行へ出かける際に、あえて遠回りをして向かってみる。それでも歩くよりは全然早い。歩くという行為は比較的(特にそれが事務的な用事であればあるほど)最短距離を進む傾向にある。また、車というのは身体的なスピード感を超越してしまっている。その隙間を埋める移動手段がバイクだ。

バイクには、歩きにはないある種の「時間的余裕」と車にはないある種の「スロー感」が同居している。今まで通ることも無かった道を進む。自宅からバイクで5分もかからない場所に、自宅ガレージを改装した日曜日のみ営業のコーヒースタンドがあったり、縄文時代の貝塚があったり、立派な古民家があったり、そして新緑に囲まれた森があったり。

歩く、走る、そして漕ぐ。それぞれのスピード感で今まで見えなかったものがさらに沢山見えてくることだろう。そんな期待を感じている。友人から届いた「愛の自転車」に跨りながら。

IMG_7138IMG_7139IMG_7143IMG_7144

広告
BIKE of Love

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中